朔旦冬至in鎌倉 地球暦(杉山開知さん)×物理学者(佐治晴夫さん)

ずいぶん記事を書くまでに時間がたってしまった。

先日2014年12月22日

そう19年に一度の朔旦冬至の日

この特別な日は特別な場所で過ごしたいと思っていた。

うってつけのイベントを見つけすぐさま予約をした。

以前から興味があり、東京でWSなどにも参加したことがあった地球暦。

地球暦を作った当本人である杉山開知さんに会うのは初めてだった。
そしてその対談相手は物理学者の佐治晴夫さん。
kamakura

そうだいぶ前に「ゆらぎ」について本を読み漁っていた時に最初にお目見えしたお名前だった。

宇宙について造詣が深く、すべてを数学的に解決してしまう。
こうきくととても機械的で冷たいように聞こえるが、そんなことはなく、とてもおちゃめで
頭がきれ、ユーモアも聞くオジサマという印象だった。(年齢はなんと80歳☆)

二人の掛け合いがとても心地よく、また開催した場 鎌倉東慶寺 
この場の雰囲気と相まって参加者のエネルギーをひしひしと感じる心に残る朔旦冬至の日となった。

東慶寺の由来も面白く、昔は尼寺で駆け込み寺であったということ。
この話が映画化されるらしくそんな意味でもホットな場所に引き寄せられた。

ABOUTこの記事をかいた人

言葉と心理技術で本来の自分を取り戻し病気をやめていく「天賦プログラム」を提供中。 脳科学×心理学×NLPなど使えるものを最大限活用し 不必要な思い込み・過去の記憶・過小評価したセルフイメージなどを調整し、病人で居られない人格を創っていく専門家。 同時にサイマティクスセラピーという音(周波数)を使って、心と體に働きかける施術も行う。 その他八ヶ岳南麓で無農薬・無化学肥料の農家を営んでいる。 意識変容の連鎖を起こし地球をより美しく輝く星にする事を志としている。