宇宙にたった一つのいのちの仕組み

【最近読んだ本シリーズ】

もう読んで大分経ちますが、

人間が人間をやっていると
思っている人の世界に終わりが来ます。
紙が人間をやっていることに気が付いた人から、
宇宙を創るすべての素材である微生物と
その精霊たちの声が聞けるようになります。

これが宇宙にたった一つの
<いのち>の仕組みを知るということです。
つまり、<光フリーエネルギー>が
扱えるようになるということなのです。

これよんだだけでも読みたくなるでしょう
おすすめです。

無料メールマガジン

思考パターンを変え人生を変える5ステップ
本来の自分を思い出し、病気をやめるヒントがここにあります。








ABOUTこの記事をかいた人

言葉と心理技術で本来の自分を取り戻し病気をやめていく「天賦プログラム」を提供中。 脳科学×心理学×NLPなど使えるものを最大限活用し 不必要な思い込み・過去の記憶・過小評価したセルフイメージなどを調整し、病人で居られない人格を創っていく専門家。 同時にサイマティクスセラピーという音(周波数)を使って、心と體に働きかける施術も行う。 その他八ヶ岳南麓で無農薬・無化学肥料の農家を営んでいる。 意識変容の連鎖を起こし地球をより美しく輝く星にする事を志としている。